あまり行きたくない場所の一つに、歯医者さんが、ありますよね?
行きたくない、行きたくないって我慢していると最後にとんでもい痛み、不快感?におそわれ、どうにもならなくなって飛び込んで行く、あの歯医者さんです!

このような状態で行くと必ず、あのいやな音を響かせ~口の中を勢いよくガリガリと!さっきまで、昨日まで連れ添った大事な“歯”を何のためらいもなく?ありがたく削って頂けるわけです。
さて、この後が、私たち歯科技工士の出番です!

なくなってしまった大事な歯を数々の人工的な材料を巧みに使い、まるでさっきまであった自分の歯のごとく、機能、審美を兼ね備えた人工臓器を作製する行為を歯科技工、作製する人が歯科技工士、また、その行為を行う場所を歯科技工所といいます。


 

ありがたく削って・・・虫歯は、感染症です?つまり条件が悪ければ人にうつる病気です!上記にも書きましたが、我慢して痛みがひどくなってから来院されると歯牙のかなり深い所(痛みがあれば、ほぼ神経まで)まで感染(虫歯)が進行しています、つまりその部分を削って取り去ってもらう行為は、本当にありがたいんです。 歯牙は他の組織の様な自己回復力はありません。

数々の人工的な材料・・・石膏、ワックス(ロウのような物で、型作り等に使います)、金属、レジン(合成樹脂)、セラミック(陶器の様な焼き物)、‘ハイブリッドセラミック’(最近登場してきた、セラミックとレジンの性格を持ち合わせた材料)

機能、審美・・・医科では、ほとんど耳にすることがありませんが、歯科では治療にかかる前に、保険?、自費?(一般とも言われます)と言う言葉を耳にすることもあるかと思います、保険とは、いわゆる社会保険、国民保険なる保険証を持っていくと、それぞれによって治療費の3割とかを支払い、治療していただく‘あれ’のことです。自費とは、治療費の全額を自分の財布から直接医療機関に支払います。保険の歯科治療(技工)で使われる材料等は、厚生労働省が定めた材料しか使う事ができないため、時には患者さんの期待に十分応えることができないこともあり、そんなときは、あえて患者さんの希望により自費の治療を選択して頂くことになります。
一例ですと、金属では12%Pd(金が12%が入ったパラジウム)合金、銀合金等は保険で日常に使われますが、金合金を希望されるようでしたら自費治療になりますし、前歯部補綴(ぜんしぶほてつ/前歯にかぶせる物です)を白くきれいな歯で!と希望されますと保険では、‘レジン’のみですが、自費を選択されますると‘セラミック’等選択肢は広くなります。